プリントスタジオSATO店舗前 花々を紹介します-その1
スタジオには季節の花を切らさないように花壇整備に努めておりますが、季節によって花が豊富にある時期とシーズンオフがあります。特に冬場は花も緑も乏しく寂しい季節ですが、春に向けての大切な準備期間ともいえます。バラの栽培記録をちょっと掲載します。<園芸おじさんの独り言 その1>
上の写真はスタジオ入口に居座る?ツルバラ「アンジェラ」の剪定と誘引光景です。ピンクの可愛い花をびっしりと咲かせてくれる品種ですが、冬場はこのとおりの姿です。トゲに刺されながらの痛い思いをし、苦労の作業の後です。身体は寒いし痛いしで苦労が多いですが、5月を楽しみに辛抱辛抱ですね。写真は平成19年2月1日撮影です。
別アングルにあるアーチです。アーチいっぱいに花をつけるには、S字を描くようにツルバラの枝を絡める工夫がないと、きれいに咲いてくれません。品種は「アンジェラ」「ツルサラバンド」それと「カクテル」といったバラ愛好家にとっては一般的なおなじみの品種です。
写真はバラの根元です。冬場は元肥をたっぷりと与えます。窒素・リン酸・カリの3要素が必要なのかもしれませんが、あまり細かいことにこだわらずに適当?に与えています。土の表面はバーク堆肥を敷き詰めて完了!ぐんぐん成長して立派な花をさかしてよー!その後の成長記録  平成19年4月19日の様子も見てください。花の撮影講座?のページも参考にご覧ください。
今後も成長記録を随時掲載したいと思っておりますので、園芸愛好家(特にバラ好きの方)の方もお楽しみに!そんなたいそうな?(笑)自称「気まぐれ園芸おじさん」より